スポンサーリンク

バジリスクⅢに対する某店長の評価

SLOT「バジリスク3」を試打した某店店長の感想・コメントをご紹介。

スペック面(某店長A)

当然、前作よりも出玉力は抑えられており設定6の機械割は110%に激減。しかし、私がまず気になったのは設定2の機械割の高さである。

111

バジ絆においては設定2をどのように使うのかがポイントであったわけだが、今作を見てみると設定2の出玉率が99.8%となっている。これは正直キツい。絆でありがちだった、イベント日のハズレ台には最低でも2を使うという営業がかなりやりにくくなってしまう

演出面(某店長A)

演出は大幅にパワーアップしておりここは申し分のないクオリティだった。バジ2から絆になった際は、使い回しの演出が多かったのだが、今作に関しては使い回しは一切なく演出が一新されていた。

・左衛門とお胡夷の囲炉裏演出
・陽炎の花摘み演出
・朧の物想い演出
・朧の手裏剣修行演出


といった感じで、その全てが新演出となっている。

某店長B

最低でも10台は欲しい機械です。

設定判別要素も前作に引き続き豊富だと聞いておりまする。恐らく確定演出も多数存在すると思いますし、割が落ちた分、設定56をバンバン入れることができればユーザーも楽しめるし機械の寿命も伸びると思いまする。あとは、演出面が素晴らしいですね。

某店長C

私は4~6台で十分だと思います。

そもそも、バジシリーズには119%を求めているユーザーが多いので、その時点でスペックでは失敗しています。
やはり110%の魅力の無さと設定2の使いづらさが挙げられています。ただ、演出面は高評価のようで、少なくとも物珍しさ(新演出見たさ)で導入当初のブーストはありそうですよねー。

ちなみに、上記に挙がっている新演出以外にも「伊賀衆ステップ」や「シャッター演出」などもありまして、CZ抽選は周期t・・・うっ、頭が!




スポンサーリンク