スポンサーリンク

98e693069f9d960c4533562df96cb1f1
全日遊連による調査実施の話題です。
全日遊連、規則改正に向け遊技機設置状況を調査

 全日遊連は来年2月の風営法施行規則等の改正に向けて、組合員ホールを対象に遊技機設置状況調査を実施する。
8月8日付けで全国都府県方面遊協に対し、調査実施を依頼した
 調査するのは、今年9月1日時点のパチンコ、パチスロの設置台数をはじめ、新基準に該当しない遊技機、検定機、認定機、みなし機の各設置台数。検定機については、そのうち、認定申請予定の台数も調査する。
 また留意点として、2015年4月以降に検定を取得(東京都公安委員会基準)した「新基準に該当しないパチスロ機」は認定申請予定に計上しないよう呼び掛けている。

 これは、全日遊連が2015年6月24日に決議した「新基準に該当しない遊技機の取扱い」の中で、2015年4月以降に検定を取得した「新基準に該当しない遊技機」は認定申請を行わないよう、自主規制を決めていたことによるもの。これらには38機種が該当している。
 各ホールは8月18日までに所属組合に、各都府県方面遊協はそれを集計し8月28日までに全日遊連に提出することになっている。 全日遊連は今回の調査を、現時点での遊技機の設置状況を正確に把握する「非常に重要な調査」とし、期日までの回答を要請している。

全日遊連が来年二月の風営法改正に向けてホール遊技機設置状況調査を実施するとの事です。この調査の目的を現時点での遊技機の設置状況を正確に把握する「非常に重要な調査」としている。この調査を行う理由としては、「新基準に該当しないパチスロ機」のホール設置の延長措置を行うことを自主規制として進めるうえで、現状のホール設置状況を把握してどの程度の負担になるかということを調査するのが目的なんでしょうかね。



スポンサーリンク