スポンサーリンク

パブコメ

改正施行規則に関する話題です。

先日お伝えした通り…

「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則」が9月4日、公布された。新たにアレンジボールとじゃん球における規格の追加がなされた他は、パブリックコメント募集の際に公開されていた原案通りの内容。施行日は平成30年2月1日となっている。
 
営業所に設置されている遊技機の現行機の経過措置については、基本的に平成16年の規則改正時と同様で、検定機、認定機ともに残存する有効期間内の設置が認められる。一方、施行後に許可を取得した新台の検定有効期間は、基本的に施行日から3年となるが、施行日をまたいで検定取得または、型式試験に適合した一部機種については、前者が検定公示日、後者が適合書類が公布された日から3年間となる。
 
また、同日付けで警察庁は、規則改正案に対するパブリックコメントの募集結果とそれに対する同庁の考え方をホームページ上で明らかにした。パブリックコメントには1万4,838件に上る意見が寄せられた。
 
<中略>

警察庁では、過度な遊技により多額の遊技料金を支出している人の多くが、借金を抱えながらもぱちんこ遊技を続けているとみられることから、「今回の改正による出玉規制の強化には一定の効果があるものと考えている」としたほか、遊技時間の長時間化を懸念する声については、「遊技時間は、遊技料金、遊技機の遊技性、客の生活実態等様々な要素に影響され得るものであると考えられるので、今回の改正による影響を一概に申し上げることは困難」「今回の改正により、遊技球等の増減の波がより穏やかになると考えられるので、多額の借金をするなどして生活に支障を来すほどの遊技料金を支出する方の減少に資する」との考えを示した。
 


先日も改正施行規則はほぼ原案通りで、という話題がありましたが、本日正式にその改正施行規則が公布された模様です。施行はもちろん来年2月1日から。以前募集していたパブリックコメントの集計結果とそれに対する警察側の見解も同じく今日発表となっていました。「過度な遊技」つまり依存症対策について語られている部分がありましたが、今回の改正の効果によって、こういったパチンコ・パチスロによって人生が壊れたという人が減ってくれるといいのですが…。
しかしこの話によると現行機は検定・認定の有効期間内は設置できるということなので、しばらくは高射幸性機がホールに残ることになりそうですね。

スポンサーリンク