スポンサーリンク

旧基準機

パチスロ旧基準機の撤去に関する話題です。

そりゃそうですよね~

いよいよ旧基準機の設置比率を30%以下にしなければならない12月1日が迫ってきています。

これは前々から決まっていたことで、それに向けた十分な準備期間があったので守られて当然の自主規制です。

そしてこれが守られなかったホールには、昨年末のパチンコMAX機撤去問題の時と同じようにペナルティが課せられます。



<中略>

12月1日までに行われる新台入替はあと1回になるホールがほとんどです。

過去にも書いたことがありますが、撤去が決まっている台に高設定は使いません。

この記事を書いている11月12日現在で、設置比率30%以上のホールは今月中の次の新台入替時に必ず何かしらの旧基準機が撤去されますので、撤去されそうな旧基準機を今の時期に設定狙いすることは危険だと思います。

ただし、営業戦略としてスロット総台数を増台して、総体的に旧基準機設置比率を下げるという、必殺技を繰り出してくるホールもあるかもしれませんので…お金のあるホールは何でもできますねww

旧基準機をまだまだメイン機種として使っているホールはけっこうありますが、今月末までに設置比率を30%以下にしないといけないということですので、これらのホールでも一部の旧基準機を外さないといけなくなるところがありそうです。となると新基準機をメインとして使っていくホールも出てくるのかもしれませんね。

スポンサーリンク