スポンサーリンク

2018-03-06_122529
西陣・ソフィアの新ブランドに関する話題です。

ぷらちなGL・プレミアムライトタイプ

甘デジの「GLシリーズ」で次々とスマッシュヒットを飛ばしている西陣・ソフィアが、期間限定の新ブランド「ぷらちなGL・プレミアムライトタイプ」シリーズの第一弾『CRぷらちなGL 春一番』をリリースする。規則改正後のパチンコ市場を見据えた戦略を、ソフィアの田中雅也研究開発部部長に聞いた。

──西陣・ソフィアではここ数年、甘デジタイプの機種で実績を上げていますが、現在の甘デジ市場をどう見ていますか?
田中部長(以下、敬称略) パチンコ全体の稼働が減少する中で、とくに甘デジタイプは稼働低下が顕著です。その要因は出玉性能が低下したことが大きいと認識しています。

──出玉感が以前より少なくなった?
田中 そうですね。出玉性能がダウンしたため、当たりを体感しやすいライトタイプでは余計に勝てないと感じられるのでしょう。ライトタイプといえども4円プレイヤーは勝ちの大きさにこだわるところがあるので、求められている出玉を満たせていないのが実態だと思っています。

──どうすればその状況を打破できますか?

田中 そこで考えたのが、「ぷらちなGL・プレミアムライトタイプ」です。その定義は、①大当たり確率が1/119。②2000個以上の最大出玉を高比率で持つ。③あくまでも指標ですが、玉単価が約1・30円。①②でプレイヤーが納得できる仕掛けを搭載した上で、ホール様の収益にも貢献できる設定です。

──1/119なのに2000個以上の出玉を高比率で搭載?これが新ブランド「ぷらちな」ですね。

田中 はいその通りです!これは期待値ではなく、一回の大当りでの出玉が高比率で2000個以上出るとお考えください。「ぷらちなGL」は規則改正前から考えていた定義ですが、規則改正によってなおさら重要になってきました。新規則ではこの出玉は搭載できなくなるので、今後3年間の期間限定となりますが、ホール経営の長期安定収益の基盤になり得ると思っています。

~中略~

──「ぷらちなGL」の今後のリリース予定は?
田中 あと4機種ほど投入できる可能性がありますが、まずは第一弾の『CRぷらちなGL春一番』に期待してください。現在稼働中の『CR春一番~極上の花道~』は高い客滞率でご評価いただいています。そこに高比率で2400個出玉を搭載した1/119ですから、稼働と収益性で必ずホール様の業績に貢献できるものと確信しております。

※一部抜粋 全文はこちらから
西陣・ソフィアが期間限定の新ブランド「ぷらちなGL・プレミアムライトタイプ」を複数機発売の予定との事です。
どのようなスペックなのか詳細はわかりませんが、「大当たり確率1/119」で「一回の当たりで2000個が高比率」とかなり出玉的に魅力的なワードが並んでいますね、、、期待してもいいんでしょうか・・・


三洋もライトスペックで新ブランド名をつけていましたし、これからは甘デジよりもライトスペックが増えていくんでしょうかね~





スポンサーリンク