スポンサーリンク

2018-04-28_005007
アムテックスの新台パチンコ「CR綱取物語」の話題です。

一発逆転台!?

試打感想

液晶演出もありますが、期待しないほうがいいですwwこの台の本質はそこではないので…。 負けた後に一発逆転を狙う時や、上限金額を決めて当ればラッキー的な打ち方をする台だと思いますね。
役物機の場合はそこがある意味落とし穴になっていて、当るか当らないかに焦点が絞られるため、回るか回らないかを気にする客層が少ないです。
また、通常の液晶機のように打っていてもボーダーラインを上回っているのか下回っているのかわかりにくい部分もあります。
よって、役物機はホールにとって貯金箱のように儲かります。
この綱取物語も、大量導入して看板機種として強化しようというホールがあればいいですが、そうでない場合は、かなり辛い調整になっている可能性が高そうですね。

※一部抜粋
アムテックスの新台パチンコ「CR綱取物語」のロングティザーPVが公開されていました。
某店長のげんのすけの試打感想としては『液晶演出には、期待しないほうがいい』という感じのようですね・・・
『一撃7000発搭載の役物機のなかでは、出玉性能はトップレベルでは』との評価もされていますが、その分『かなり辛い調整になるのでは・・・』との事ですね・・・

げんのすけさんの試打感想全文はこちらから。



スポンサーリンク