スポンサーリンク

慶次

ニューギンはこの度、パチンコ新台『P花の慶次~傾奇一転』を6月13日から直営店の《パーラーニューギン》(名古屋市中川区)に先行導入すると発表した。

導入台数は4円パチンコに10台、1円パチンコに10台の計20台。新台の開放時間は6月13日(木)18:00~の予定。

同機は新枠「RE:BOOST」を採用し、ゲーム性では性能の異なる2種類のRUSHを搭載しているのが特徴。特にラッキートリガー「傾奇BURST」は、ST120回で継続率約87%(残保留引き戻し含む)、大当たり出玉ALL約1,500個(払出)という出玉期待感の大きい仕様となっている。

新枠「RE:BOOST」は、筐体センターに2つのハンドルを搭載し、左右どちらの手でも遊技ができるなど、快適な遊技性を実現している。

なお、『花の慶次~傾奇一転』はP機とe機(スマートパチンコ)の2タイプがリリースされており、6月13日に先行導入されるのはP機のみ。e機は7月1日(月)に直営店に先行導入される予定。全国のパチンコホールへの導入開始は2タイプとも7月8日からの予定。

7月上旬に全国導入ですから1ヶ月近く早いタイミングでの先行導入となりますね。e機も販売がありましたが、今回はP機の方だそうです。ちなみにe機は7月1日から先行導入のようです。

スポンサーリンク